検索
  • フミコ

職場でよくある問題とは

最終更新: 11月19日


観光地にある、持ち歩きできる手軽さが評判の、とある屋台の従業員は思った。


「忙しい時期だけでいいから、時給を上げるか、臨時ボーナスがほしいよ、まったく!」


やってもやっても終わらない、笑顔で接客できていない自分にも気付けないほど、どんどんやってくるお客さま。そこに加えて、他の従業員が自分の思うように動いてくれない。自分ばかりが忙しい気がして、イライラだけが溜まっていく・・・。


そんな日々を過ごすうちに、その従業員はとうとうオーナーに訴えた。


「オンシーズンだけでもいいです、時給をあげてもらえませんか?」


そこで返ってきたオーナーの答えはこうだ。


「じゃあ、オフシーズンは時給を下げてもいいかい?」


❝そんな!そんなのフェアじゃない!!❞ 声には出さなかったが、顔には出てしまった。


オーナーは続けてこう言った。


「どんなに忙しくても笑顔で接客することも仕事だよ。君はそれができているかな?

うちは、この業界の相場から外れた時給ではないし、君が担当している業務も、そんなに難しいとは思わないよ。時給をあげてほしい理由は、本当に忙しいというだけかな?」


そう言われて従業員は気付いた。❝オーナーに求められている仕事もちゃんとできていないのに、自分の要求ばかり通そうとしていた。自分の方がフェアじゃなかった❞と。



―――― 飲食店に限らず、繁忙期、閑散期のある仕事にはよくみられる場面です。


この従業員の問題点の1つは、自己理解不足です。自己理解、自己分析というものは、自分が思うほど簡単ではありません。どうしても他人の評価がないと気付けないことが多いからです。


そして、時給や給与は、忙しい時も、そうでない時も、両方を含めた金額です。会社が求める業務ができていない内は、自分の要望など通るはずもありません。ちゃんとできていたとしても、経営者側からすれば、「できていて当たり前(だから支払う給与)」なのです。


一方、企業側の問題点として、従業員の仕事に対する評価システムがない、あったとしても、評価に応じた昇給、報酬になっていない場合が多いということです。

このようなシステムになっていない原因として、評価する目を持つ管理職がいない、または育っていない、いたとしても、そこに私情や、仕事には関係のない理由(勤続年数、年齢、独身であるなど)が加わり、誰もが納得できる評価がされていない、などがあげられます。


このようなことが原因になって、優秀な従業員から辞めてしまうという事例が少なくありません。どんな職場も、双方の納得のいく環境にしていきたいものです。


『そのためにはどうすればよいか?』


なんだか身に覚えが・・という方、ぜひ『カウンセリング』、『コンサルティング』、受けてみてください。


2回の閲覧

フミコ人材育成研究所

fumiko.jinzaiikusei.office@gmail.com

​​Tel: 070-6597-8264

  • Facebook

​© 2023 by フミコ人材育成研究所.

​富山県富山市 日本

Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now