検索
  • フミコ

八正道(はっしょうどう)とは


八正道 は、仏教において涅槃に至るための8つの実践徳目である正見、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念、正定のこと。八聖道(八聖道分)、八支正道、もしくは八聖道支ともいう。八正道は釈迦が最初の説法(初転法輪)において説いたとされる。四諦のうちでは道諦にあたり、釈迦の説いた中道の具体的内容ともされる。Wikipediaより」


私は根っからの神道ですが、仏教の教えにも、勉強になるものがたくさんあります。

この写真は、それを私が書き写して、机の前に貼っているものです。

これを見る時、いつも思う事があります。


ここで言う「正しい」ってなんだろう?



私たち人間はとても小さな存在です。

地球という大きな星の上で、やれ環境だの経済だの、すべてを人間が仕切っていると思い込んでいる。それは、とてもおこがましいと思います。


どんなに人間が何かをしても、地球の環境は地球のもの。絶滅する生物は、現在の環境に合わなかっただけ。年間にものすごい数の新種も発見されていますが、それは今の環境だから生まれた生物。恐竜が絶滅したように、すべては自然の流れの中で起こっている、人間ごときにどうこうできるものではない、と私は思っています。

人間がいつか滅びるなら、それもまた自然の中の出来事の一つに過ぎません。


この八正道も、生きている人間が、生きている人間のために作った、一つの指針に過ぎません。


人生100年時代に突入したと言いますが、それさえも、地球の一生から見れば、

ほんの数秒にもならないのでしょうね・・・。


それらを踏まえて、もう一度、この八正道を見ると、正しさとは、人生とは・・・?

本当に、色々と考えさせられます。


0回の閲覧

フミコ人材育成研究所

fumiko.jinzaiikusei.office@gmail.com

​​Tel: 070-6597-8264

  • Facebook

​© 2023 by フミコ人材育成研究所.

​富山県富山市 日本

Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now